09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2018/10/24
まず従来の積層造形法として、ノズルから樹脂を噴出し形を作っていくものや、光硬化性液体材料にレーザーを当て、固めていく方式などがありました。それらよりも強度を高くしたいと言うことで、金属粉を用いた積層造形法として、粉体の供給方法としてパウダーベッド(PB) 法とパウダーデポジション(PD)法があります。金属積層造形が一番適しているのは、航空機用の部品です。溶融光源としてはレーザー、電子ビームがあり、供給方法や光源に適した金属粉の形状や材質があります。第一に優れている点として、今まで作ることができなかった構造や、一体成形が可能になるなどの点がありますが、金属ゆえの制限もあります。
また、積層造形法で課題となっているのは、生産速度です。それの改善にはレーザーなどでは限界があるため、新規な方法として提案されたのが、液体に金属ナノ粒子を分散させたものをインクジェット方式で吹き付ける工法です


スポンサーサイト
13:16 そのほか
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。